外国の通貨を売買 そらのおとしもの 少年エース2012年3月号分感想【ネタバレ上等】 そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

そらのおとしもの 少年エース2012年3月号分感想【ネタバレ上等】



第58話 友情!!

「守形」の表札
登校直前、英四郎はテントにかかった表札をちょっと気にかけるもそのまま一路学校へ。

最強の中学生、訳あって今日も河原暮らし。

三度目の正直?
「エース読者の諸君!あけましておめでとう!」

メタ発言をひっさげ、みたび智樹達の前に現れた鳳凰院キング義経(本名)「もう皆鏡開きも年賀状の返信もとっくに終わってるっつの!」という智樹のツッコミにも動じない。

文化祭でもないのに何故来たのかを訊くと、義経は物々しい雰囲気で告げ始める。

義経「非常に不本意だがね、ここのところ我々は君たちに負けっぱなしだろう?そこでこの鳳凰院キング義経は考えた。何か君たちに勝てるものはないかとね・・・

だが考える必要など無かったのだよ・・・なぜなら君たちが逆立ちしても敵わないものを我々は持っていたのだから・・・!金だ・・・


そんな彼が取り出したのは―――札束だった。そう、そもそも空美中と私立とでは生徒の家柄に決定的な差があったのだ。気づけ

智樹「お金持ちなら俺達にもいるぜ?」

義経に札束で頬を叩かれ馬鹿にされながらも、智樹は空美町きってのセレブ・美香子を差し向ける。

そんなこんなで義経と美香子は「どちらがよりお金持ちなのか」を競うことになった。

お約束
いつものように特設会場を作って対決する二人。催す方も催す方だが、会場に詰めかける観客も観客。美香子に限らずこの街の住人はお祭好きにも程があるのではないだろうか。

実況に数学の竹原、解説に英四郎を迎え対決開始。

義経「フ・・・まずはシンプルに年収の話からしようか・・・我が家の年収、ざっと百億!!」

義経はそう言い放ち、お抱えの執事たちに札束をぶちまけさせる。

智樹「億?億って何だ?」
ニンフ「食べられるの!?」


あまりに非日常的な量の札束を前にし狼狽える智樹達。

対して美香子は

美香子「え~?私の年収?いやだわ・・・いつも足りなくて困ってるから・・・ちょっと待っててね、電話して聞いてみるから」

スマホを取り出し何処かへと連絡を取る。

美香子「総理・・・?今年は幾ら回せるの・・・?」

連絡先は現行の総理大臣。国会中継の真っ最中、携帯電話を手にし青ざめる総理であった。

一同呆然。床に広がる百億円分の札束の山がまるでゴミのようである。

日本の国家予算における使途不明金の正体について解説を始める守形だが、美香子の恐ろしい目線には敵わず。

黒いお金
義経が美人揃いのメイドや美男揃いの執事軍団を差し向けようが、美香子お抱えのオレガノや黒服達に殲滅されるのみ。最後には自家用ジェットを見せびらかすが、美香子自ら操縦する戦闘機に撃墜されてしまうのであった。美香子自身も私立の生徒たちにはあまり良い感情は持っていないので当然といえば当然なのかも知れない。

義経「一体どういう稼ぎ方をしたらそんなものが買えるのかね!?」
美香子「お客様の事を・・・考えて・・・」


尤もな疑問にも美香子はそう返すだけ。信じる人間は会場にただ一人として存在しないことは言うまでもない。そもそもそれが真実だとして、一体どの業界でのどの業種の「お客様」なのか怪しいものである。そんな黒いお金に勝てるわけもないと膝を落とす義経。

「まだですわお兄様!」

と、そこに現れたのは義経の妹月乃。まだヤツらには勝てないものがあると言い切る彼女は私立中の美少女を召喚し、空美中の生徒を圧倒し始める。

月乃「田舎娘しかいないあなた達には到底辿りつけない領域!さぁ!ひれ伏しなさい!」

勝利の高笑いが響き渡る。しかし、それは騒動の序章に過ぎなかった。


暴走の果て
英四郎「愚かな・・・獅子の檻にウサギを解き放つとは・・・!」

私立の美少女軍団に興奮した智樹が盛りのついた犬の如く、彼女たちに襲いかかった。というか犬そのものだった。

義経「おっ・・・おのれ!ならばやり返すまで!」

事もあろうに血迷った義経は観客から一人空美中の女子生徒を連れ込み、

月乃「いけませんわお兄様!」
義経「わかっている!だがやらなければ負ける!ボクだってしたくない・・・こんなこと!!」


スカートを捲り上げた。
義経「え・・・?」

目の前に現れる純白の三角地帯。それを見た義経は未知の感覚に戸惑いを覚え始める。

義経「何だこの感覚・・・甘酸っぱいような、ときめくような・・・」
智樹「イイだろ?」
義経「ミスター桜井・・・」


戸惑う義経のそばにそっと現れる智樹。二人の間に生まれる奇妙な友情。もはや確執は存在しなかった。


義経「そうか、君はいつもこんな世界を見ていたのか。敵わないわけだ・・・」
智樹「もういいじゃねぇか。勝つとか負けるとか・・・それよりも、楽しもうぜ・・・?」
義経「ミスター桜井・・・」


手を取り合う二人。そはらの殺人チョップがすぐそばまで迫っていたことは言うまでもない。

「守形」の名前

義経「キミはいつもこんな世界を見ていたんだね・・・」
智樹「よせよ・・・さぁ、行こうか・・・友よ・・・」


智蔵「帰れ・・・」
智樹「あ、じいちゃんコイツ義経!」
義経「はじめまして!!」

智蔵「帰れ・・・」
義経の祖父「帰れ・・・」
義経の曽祖父「帰れ・・・」


三途の川で手を取り合い進む二人だったが、あえなくそれぞれの祖父に引き止められる。



英四郎「おい、しっかりしろ・・・」
義経「チョップが・・・ハッ!?」
英四郎「よ~し、よく戻ってきたぞ」


義経は英四郎に介抱され、どうにか意識を取り戻す。

義経「解説の守形くんだったかな?全く、キミの彼女は何なのかね?」
英四郎「彼女じゃない」
義経「違うのかね?」
英四郎「彼女じゃない。」


美香子に対する文句を言おうとするも、彼女ではないらしいのでやめておく義経。

義経「ん?守形ってキミ・・・もしかして『あの』守形かい?」

英四郎の紳士的な態度に感心しつつも、問いかける。

義経「なんだ、君はあの守形か!いやぁ、君のお父上にはいつも・・・お世話になっ・・・て・・・」

空美町で守形と言えば一世帯しか存在しない苗字。義経は英四郎の素性を知るやいなや気さくな笑顔を浮かべるが、何故か次第に表情を凍りつかせていく。

義経「な、なんだい?急にそんな怖い顔して・・・」

突如雰囲気を変える英四郎。戦慄する義経。英四郎の表情は見えない。


英四郎「俺は・・・あの守形ではない・・・!二度と言わせるな・・・!!」


義経はそのまま立ち去っていく英四郎を見送ることしか出来ず、立ち尽くすばかりだった。



感想

核心にちょっと触れる回でした。

男友達
智樹に一緒に馬鹿をやれる仲間が出来た回でした。深く関わることは無いでしょうが、智樹の過去を考えると感慨ひとしおです。

ところで義経にスカートめくられてた娘(やけに大人しかったですね・・・)、前回エロ下着を配られてた娘ですね。もしかして制作スタッフ一押しの娘なのでしょうか・・・

五月田根の財力
内閣の首長を凍りつかせる美香子はひょっとしたら他の国にも影響を与え得る人間なのではないでしょうか。ちなみに最新のステルス爆撃機の値段は3000億を下らないそうです・・・。

守形家
そんな五月田根家や鳳凰院家と繋がりのある守形家。英四郎がそこの人間だというのは疑いようもないことですが、家側も英四郎もお互いに良くない感情を抱いているようです。

それ以外で英四郎に分かることと言えば
・新大陸の調査に情熱と使命感を持って携わっている
・五月田根家の掟に干渉し得る人物→守形家においてもかなり力のある人物→跡取り息子?

ってところぐらいでしょうか?

水無月先生も英四郎の設定は「そらおと」作内では使わないかも知れないと言っていたので、今回の展開は少し衝撃的でした。果たして次回でもこの謎を取り扱うのでしょうか?僕はたぶんスルーかと思います。
関連記事

| 今月のそらおと | 21:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

美香子がのっていたのはハリアーぽかったですな。
総理のモデルがだれだったのかわかんなかったです。

| | 2012/02/05 23:44 | URL |

Re: タイトルなし

コメント有難うございます。コメントに気付かず20日近く放置してしまって申し訳ありません・・・

> 美香子がのっていたのはハリアーぽかったですな。
記事を書いてた当時戦闘機の画像を色々ググってみたのですが、それっぽい戦闘機が見当たらず・・・
やっとモデルにたどり着きました。確かにそれっぽいですね。ありがとうございます。

> 総理のモデルがだれだったのかわかんなかったです。
ヘアスタイルから察するに、恐らくは現行の総理大臣ではないかと思います。

| りゅーは | 2012/02/24 12:53 | URL |

4月号のネタバレ待ってますー

| おとは | 2012/02/27 23:05 | URL |















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/101-7b3935d8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。