外国の通貨を売買 そらのおとしもの 少年エース2012年4月号分感想【ネタバレ上等】 そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

そらのおとしもの 少年エース2012年4月号分感想【ネタバレ上等】

ネタバレ上等感想です。


第59話 兄妹!!

▼確執

義経「フゥ・・・晴れた朝の朝食はまた一段と・・・ん?」

朝日に輝く鳳凰院家。庭先で優雅に朝食をとる義経。
しかし、いつも朝食を共にする妹・月乃の様子がおかしい。義経をよそにさっさと外出しようとしているのだ。

義経「どうしたんだい月乃?朝食は・・・」

妹の肩に手をかける義経。それに対し月乃の反応は無言でその手を振り払うという冷ややかなものだった。
無理もない。義経は前回、あろうことか私立の美麗な女の子相手に暴走する智樹に対抗するべく空美中の女子のスカートをめくるという暴挙に手を出している。

義経「ち、違うんだ月乃!あれは・・・!」
月乃「お兄様・・・汚い!


最愛の妹からの三行半とも言うべき一言。
・・・かくして、義経は失意のどん底に立たされることとなった。


▼嫉妬?

そんな義経が訪れたのは桜井家。
どうしたものかと手をこまねく桜井家の面々+英四郎。

義経「触らないでくれたまえ・・・僕は汚いからね・・・フフ・・・」

人ん家に上がりこんでおいてこの台詞である。
どうにか慰めようと智樹が声を掛ける。

智樹「大丈夫だって・・・可愛い妹なんだろ?」
義経「ああ!まるで天使さ!」
智樹「ずっとお兄様と仲良かったんだろ?」
義経「そうさ!小さい頃からずっとボクの後ろを付いて来てて・・・そりゃもう可愛くて」

イカロス「でも・・・汚いと・・・」


イカロスの予期せぬ鋭いツッコミに現実を突き付けられ鳳凰院キング義経再び失意。あんまり湿っぽくてキノコまで生えてしまっている。

美香子「嫉妬させてやればいいんじゃないかしら~?」

どうにか兄妹仲を取り戻してやりたいと悩む智樹に美香子が助け舟(?)を出す。
月乃は他の女の子の下着に目を奪われた兄に幻滅しているわけではなく、ブラコンなあまりに嫉妬しているだけなのだ、と。

いっそのこともっと嫉妬させてやれば義経の下に戻って来るのではないのかという理屈から来る発言だった。モチロンの事美香子の出任せなのだが智樹と義経は鵜呑みにしてしまう。


▼作戦決行
というわけで翌日。登校中の月乃の前に二つの影が現われる。

トモ子「授業に遅れちゃう!遅れちゃう~ん!」
義経「チキショー!また寝坊しちまったぜ!またセンコーに怒られちまうぜ!HAHAHAHA!」


バンカラを身にまとった義経と・・・わざわざ作戦のために女体化した智樹・・・トモ子だった。


曲がり角で出会い頭に衝突し、恋に落ちる二人。コテコテのラブコメを演じるトモ子と義経だったが、目の前で見ていた月乃の反応は冷たいままだった。

美香子「まだよ!前回何をしたか思い出して!」
義経「そ、そうか・・・!!」


義経は美香子に煽られるままトモ子やそこら中の女の子達のスカートをめくるも、月乃の膝蹴りの前に頓挫してしまう。何もかもを通り越してただの変態である。

トモ子「こうなったら・・・ヤツも同罪にするしかない!!」

月乃にもスカートめくりをやらせれば義経と同罪。良くわからない理屈だが、兎に角やるしかないと二人は作戦を変更するのだった。ちなみに美香子のデマカセにはまだ気付いていない。


▼作戦その2

またもや月乃の前に躍り出るトモ子と義経。
ただし義経は私立の制服であるセーラー服で女装していた。しかもミニスカとニーソックス標準装備である。




しかも二人とも股間のあたりでスカートが尖っていた。しかもなんだかぴくぴくしている。

そはら「ちょ、トモちゃんそれはさすがに・・・!」
ニンフ「いえ、待って!」


そはらの勘違いも無理はなかった。だがトモ子たちのベルかと思われたソレは、だんだん形を変えて行き・・・

?「クルッポー」

鳴いた。何だかよくわからないが、兎に角何かが入っていた。

義経「めくってごらん月乃・・・遠慮はいらないゾ?」
トモ子「これなら女の子もめくりたくなるでしょ?」

月乃「いやぁぁぁぁ!!」

当然だ。

義経「どうしたんだ月乃!?ホラ、どんどん増えてくよ!?」
トモ子「あぁんトモ子飛んじゃうー!」
義経「新しい手品だよ!?ホラ、どんどん増えてくよ!?」
トモ子「飛んじゃうー!」


逃げ出した月乃を追う二人。スカートの下、股間の不気味な物体は何故かどんどん増えていく。
それにしてもこの変態共、ノリノリである。

二人「ほ~らめくってごら~ん?めくってごら~ん?」


ターゲットを追い詰めた二人は股間を月乃に突き付ける。流石に見ていられなかったそはらが制裁を加えようとするが・・・


月乃「大っ嫌い!!」


攻め立てられたあまりに月乃は泣き出してしまう。

月乃「だいっきらい・・・お兄様なんか死んじゃえ・・・死んじゃえ!お兄様なんか死んじゃえ!!」

ショックを受け、放心してしまう義経。生まれた時からずっと寄り添っていた妹の口から放たれた、生まれて初めての最大級の拒絶の言葉だった。

▼和解

すると、見かねた英四郎が月乃の頬を思い切り張った。

凍りつく空気。しかし、兄・義経は最愛の妹を傷つけられた怒りのまま英四郎の横っ面をぶん殴るのであった。

義経「貴様・・・月乃に何をする!?」
トモ子「ちょっ、待っ・・・」
アストレア「二人共、何を!?」

英四郎「よく見ろ・・・この兄の姿が汚いか?」


アストレアに起こされたままの姿勢で答える英四郎。

英四郎「お前はこの兄に対して死ねと言ったんだ。お前の兄は・・・本当に汚いか?」
月乃「・・・だって・・・」


英四郎の言葉に心を開き始める月乃。


月乃「お兄様が、他の女の下着なんかに目を奪われるから・・・お兄さまは小さい時からかっこ良くて憧れで・・・なのに他の女の下着なんかに・・・」

と言った月乃は

月乃「そんなにめくりたければ私のスカートをめくればいいじゃない!ホラ!ホラぁっ!!」

思い切り自分のスカートをめくり上げるのだった。しまぱん
とどのつまり、美香子のデマカセ通り極度のブラコンが引き起こしたヤキモチだったというわけである。



月乃の暴走をなだめ、義経は妹との仲直りを果たすのであった。


英四郎「それでいい」
義経「守形クン!すまない、殴ってしまって・・・」
英四郎「バカを言え・・・『当たり前のことだ』」


申し訳なく謝る義経に、謝り返す英四郎。弟妹を守るのが兄の役目だと言わんばかりに。

英四郎「大事にしろ。いい兄ではないか・・・」

英四郎は表情を見せず去っていく。そこに残った一同は引き止めるでもなく、彼の背中を見ているしかなかった。
何者も寄せ付けぬその寂しげな背中に、ただ一人真相を知る美香子は切ない表情を浮かべるのだった。


義経「やはりそうか・・・彼がやはりあの・・・」

間違いない。彼が「守形」の次男坊。守形英四郎・・・彼が、あの・・・


▼テントで

ともあれ、夕焼けに染まる河原のテントに帰宅した英四郎。打たれた頬がまだ痛む。
と、何者かの気配を察知する。


しかし、何者も見当たらない。

英四郎「・・・気のせいか・・・」

そのまま夕食の準備を始める。


カオス「クスクスクス・・・そうなんだ・・・あなたも私と同じなのね・・・?」

気のせいではなかった。Pステルスシステムで姿を隠したカオスが背後から英四郎を見据えていたのだった・・・




感想

予想に反して英四郎の過去編第二弾。どうやら水無月先生は、
英四郎の謎を「そらおと」本編で片付けてしまうつもりなのかも知れません。

といっても前半はほぼギャグ枠だったわけですが・・・

義経は智樹の男友達として遺憾なく変態ぶりを発揮していますね。
髪型や立場がどことなく空のマスターにそっくりだという声もありますが、
たぶんシナプスとは無関係なのだと思います。

それにしても妹さんの下着選びのセンスが素晴らしすぎます(

そういえばトモ子がシリアスな場面に出くわすのは初めてじゃないでしょうか。
いや、だからといって何が変わるわけでもありませんが。


さて、今回一番の見所は兄妹の絆に心打たれる英四郎でしょうか。
前回僕は英四郎のことを長男だと勘違いしてしまいました。次男だったんですね。
長男でも勘当の身になってしまうこともあるんでしょうが、確かに次男と考えたほうが自然なのかも知れません。

家族から疎まれているらしき英四郎の謎は何よりも兄との関係が鍵を握っていそうです。
てことは、アニメ版1期のOPで後ろ姿で立っている男性は父親ではなく英四郎の兄なのでしょうか・・・?


今の状態では何を言っても憶測の域を出ませんが、家族愛に飢える英四郎にカオス(まだ智樹に貰った上履きを抱きしめたままです・・・)がどう動くのかが・・・。また見所が増えてしまいました。

では、また次回。


それにしても・・・3期の新情報はまだでしょうか・・・。
関連記事

| 今月のそらおと | 23:08 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

英四郎について考察するための材料が少しずつ増え始めてきたといったところでしょうか。
内容については、平常運転の智樹とシリアス全開の英四郎とのギャップがもうね…。
次はそろそろカオスが本格的に動き出しそうな予感が…とか思っていると大抵ギャグ回なんだよね、そらおとって。
とにかく次回も期待です!


| EXS | 2012/03/09 01:18 | URL | >> EDIT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/103-c119d927

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。