外国の通貨を売買 アニメ版そらのおとしもの解説 第九話 そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アニメ版そらのおとしもの解説 第九話

私は、マスターのお側に居たいです。これからもずっと・・・
by イカロス


第九話 嘘から始まる妄想劇場(ストーリー)



解説
 空美町からはるか天空のシナプス。

▽服従
 空の女王(ウラヌスクイーン)=イカロス奪還作戦を失敗したニンフは廃棄処分を恐れ、シナプスのマスターに汚名返上のチャンスを請う。その願いは果たして聞き届けられたが、引き換えに時限爆弾を首輪に取り付けられてしまう。
ありがとうございます、マスター・・・
 言葉とは裏腹に、告げるニンフの笑顔は歪んでいた。

▽人間らしく
 一方、近所の丘までバーベキューをしに来た智樹達。出店やフリーマーケットも催されており、彼らの他にも大勢の客で賑わっていた。

 そんな中、イカロスがフリーマーケットで売られていた電動のこけし(用途は一体…)を壊してしまう。「もっと人間らしくしろ!」とイカロスを叱るのもそこそこにオーナーに謝り弁償する智樹だったが、その時智樹に電流走る――念願の幻のエロDVD「おっぱい戦国時代Gカップの乱」を出品物の中から発見したのだ。即座に購入に走ろうとする智樹だったが、所持金が足りないことに気付き愕然とする。

 バーベキューの準備をする英四郎の元にとぼとぼとした足取りで戻る智樹。その後ろでイカロスは人間らしくする方法を考えていた。頭脳のプロテクトが解け、ニンフの「大量破壊兵器」呼ばわりが胸に突き刺さっていたイカロスはマスターとずっと一緒にいたいという思いを強めていたのである。

 その時、彼女の後ろを通りすがったカップルの談笑を耳にした。「嘘を付くのが人間ってもんさ!」「ひっどーい!騙してたのね!」イカロスは人間らしさの一端を見つけ出した。

 智樹と一緒に英四郎達のところへと戻ってきたイカロスは思いついた方法を早速実行に移す。
わたしはそはらさんが大嫌いです
新大陸はありません
会長さんはいいひとです
わたしは、マスターのそばにいたくありません
 手当たり次第に大嘘をつき、どことなく満足気に去っていくイカロスであった。

▽揺れ始める心
 そのまま賑わう丘を歩いていると、イカロスの目の前にニンフが現れる。警戒するイカロスであったが、昼ドラの続きが気になっただけだというニンフの言葉を信じ、戦闘モードを解く。

 しかし、そんなはずはなかった。智樹を人質に取ってイカロスを空へと連れ戻すために、ニンフはP=ステルスシステム――超高性能な隠密機能を使い智樹の背後に忍び寄る。

それで隠れているつもりか?丸見えなんだよ・・・!
 智樹は突然そんな言葉を口走った。人間の五感では捉えられるはずのない自分の姿が見えていたことに驚くニンフ。・・・が、智樹はただ単にイカロスの暴言の憂さ晴らしに、お盛んなアベックを出歯亀していただけだった。

 馬鹿馬鹿しくなってP=ステルスシステムを解くニンフに驚く智樹だったが、すぐに彼女を叱り始める。祭りの夜に突然いなくなって心配だったと告げられ思いがけずしおらしくなってしまうニンフ。気を引き締めるまもなく、手を引かれて何処かへと連れられていくのであった。

 連れられた先は出店の列。ニンフは智樹が開いた出店に付き合わされていた。たまたま発見したエロDVDを何としても入手すべく、お金を儲けようというのだ。と、そこにバーベキューを一旦切り上げたほかのメンバーがやって来る。智樹に感化された一行は思い思いの出店を開き始める。

 客が他の出店に奪われることを懸念した智樹は「儲けたお金で何でも買ってやるから!」と買収したニンフのアドバイスで次々と手を変え品を変えるが、どれもこれも上手く行かず、暴走の果てにそはらのお仕置きを受けてしまう。

 ヤケクソになった智樹は周囲のカップルに八つ当たりし始める。そもそも自分が女の子にモテればエッチなDVDなんていらないのだ。しかしそこに救いの手が。

 智樹が可哀想になったニンフは人間の女の子にとって理想の男性にしか見えなくなるというモテ男ジャミングを彼にかけた。するとたちまち智樹の元に女の子たちが群がるではないか。これを良い事に、智樹はホストクラブを開いてお金を儲けるのであった。目的を果たしニンフに感謝する智樹。ニンフは礼を告げられる自分の立場に戸惑う。

 また、ここでも暴走したのは別のお話。

▽イカロスの想い
 智樹はニンフに礼を告げて他のメンバーの元に戻ると、イカロスが人間らしくしていたいがために嘘をついていたことを知った。そはらや英四郎に本当のことを告げるイカロスも、「会長はいい人よね~?」と迫る美香子には流石に恐れをなし、嘘をつき通した。そして遅れて合流したニンフに、そはらたちは温かい言葉を掛ける。ニンフの心は揺れ始める。

 イカロスの言葉が嘘だったことに安堵し笑顔になる智樹。当初はエンジェロイドとの暮らしを嫌がっていたことを英四郎に指摘されるととっさに「平和が一番」とお決まりのフレーズを返す智樹だったが、変わって行きたいという心の奥底の願望も指摘されてしまう。

 帰宅後、心を揺らすイカロスは智樹が自分をどう思っているのかを尋ねる。
 
 智樹は答えず、代わりに自らの過去を語る。今とは違って冒険心旺盛だったこと。昔は大勢友達がいたこと。危険を顧みずあちこちに連れ回すうちに、みんな次々と自分から去っていったこと。

 だから今でもイカロスやニンフが突然いなくなるんじゃないかと思うと、昔を思い出すのだと。

 寂しげに語るマスターに何を思ったか、イカロスはそっと智樹に口付けた。そして、「ずっとそばにいる」と告げた。突然のことに思わずイカロスを叱る智樹。

相変わらずね・・・地上は・・・
 
 騒がしい桜井家の屋根で、ニンフはあきれ果てるのであった。そんなニンフもイカロスと一緒に居間で智樹の買ってきたDVDを視聴し、智樹に叱られる。どうやらこの騒がしい日々に、ニンフの姿も本格的に加わりそうである。


主要元エピソード
#09 虚言!!
#13 増殖!!
#25 金欠!!

原作との相違点
○智樹一行が丘に来た目的はピクニックではなくバーベキュー。
○出店がいっぱいあるのは桜まつりが開催されてたからだったけれど、今回は観光日和だからということで。
○ホストクラブでお金をどうにか稼げたので、智樹とニンフのおまんじゅう屋さんは無し。
・DVDも無事に入手しました。
○ニンフとりんご飴のエピソードはまた次の機会へ。

ED
イカロス視点で送る智樹との思い出の数々。

EDテーマ09
初恋
歌:イカロス(早見沙織)、五月田根美香子(高垣彩陽)
作詞作曲:村下孝蔵
・原曲と共に、そらおとカバー曲ではダントツの人気です。

個人的感想メモ・小ネタ
○智樹のフリーマーケットにはっさくの種が。お前それぜったいそはらの家からパクったはっさくから出た奴だろ!w
○自分のことを大嫌いと告げた友達とお料理屋さんを開くそはらの胸中やいかに。後で解決したけど。
○智樹タワーが映像化してくれた時は感激と共に笑いが止まりませんでしたww
○智樹のホストクラブを手伝うニンフがちょこまかしてて可愛い。
○過去を語る智樹と胸キュンのイカロスに胸がつまります。
○「せめぎ合ってる!」ニンフ、君は何を興奮してるんだい?
関連記事

| 一期 | 20:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/12-7ff0de71

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。