外国の通貨を売買 アニメ版そらのおとしもの解説 第十話 そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アニメ版そらのおとしもの解説 第十話

私も…マスターと手を繋ぎたい・・・
by イカロス


第十話 天使の旋律(コトバ)の向かう先



解説

▽2つの中学校
 空美町には智樹の通う空美中学校にくわえてもう一つ、私立中学校があった。人口が少ない故か文化祭も二校合同で行われていたが、この2つの中学校はすこぶる仲が悪く、文化祭のたびに火花が散っていた。

 文化祭にフルオーケストラを持ち込んで空美中の生徒たちに見せびらかしてやろうと企む私立の連中に、今年こそは一泡吹かせようと、生徒会長である美香子の音頭で新大陸発見部によるバンド演奏が企画される。

▽バンド練習

 楽器は初心者の智樹達の中で、唯一ニンフだけはエレクトーンの腕前を存分に披露して見せ、智樹に非常に頼られる。先日から「マスターと手を繋ぎたい」と淡い想いを抱いていたイカロスは落ち込むばかりであったが、とあるパートを試しに担当してみたところ、その巧みさに一同は驚くのであった。

 その対決にともなって、空美中を支持する庶民側と私立を支持するハイソな層の対立が生まれていたのはまた別のお話。

▽fallen down
 智樹達のクラスのスク水メイド喫茶や、シナプスでのトラウマを思い返すニンフに智樹がリンゴ飴をプレゼントしてみる、などの出来事もそこそこに、いよいよ音楽対決が火蓋を切る。


 私立のフルオーケストラに対し、智樹達は智樹の独断でオゲレツな曲を披露したが、イカロスの驚異的な歌唱力の前に観客は感動し、見事に私立の生徒達に目に物見せることに成功したのだった。

▽後夜祭にて
 ニンフやそはらの勧めもあってカップルしか参加できないという後夜祭に参加する智樹とイカロス。イカロスは念願かなって智樹と手を繋ぎながら幸せなひと時を過ごすが、彼に自分が戦闘兵器であることをひた隠しにしている事実は消えることはなく、苦しみは苛烈さを増すばかりだった。

主要元エピソード
#21 文化!!

原作との相違点
○「空はそんなにいいものじゃない」と新大陸に思いを馳せる英四郎に語るニンフ。
○ニンフはこのエピソードでリンゴ飴を初めて口にします。
・イカロスに頭をなでられるくだりもこのエピソードに。
○チクチク・B・チックは一番を歌い切る前に中断。そはらさんもうちょっと耐えてあげて!

ED
これまでのシーンを使ったNG集。
・元ネタは「翔んだカップル」。カバー曲も同様。

EDテーマ10
僕等のダイアリー
歌:五月田根美香子(高垣彩陽) 守形英四郎(鈴木達央)
作詞:来生えつこ
作曲:来生たかこ

個人的感想メモ・小ネタ
○矢面に立ってる私立の生徒の名前は鳳凰院キング義経。智樹さん、何はともあれまずは彼の名前を笑ってやりましょう。
○智樹が私立の生徒をアストレアよろしく「バーカ!バーカ!」と罵ってるんですが、このエピソードを録っていた時にはニ期が決定していたんでしょうかw
○文化祭に掛ける私立と空美中の保護者さんらの応援合戦が必死にも程があるww
・学校に限らずこの町の懐の広さが好きです。
○チクチク・B・チックは正直だと思っています。
○「fallen down」共々原作者の水無月すうさん作詞。
・ところでニンフさん。こんな観客ドン引きな曲でどうしてそんな楽しそうに演奏してらっしゃるんでしょうか…
○バンド演奏のシーンは思い出が走馬灯のように流れるオンエア版の方が好みだったりします。
・実際にニンフ役の野水さんに歌ってもらって採ったモーションデータまで使ったBD版も嫌いじゃないけど。
○一緒にキャンプファイヤーを見つめる智樹とイカロスの雰囲気がすごく好き。
関連記事

| 一期 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/13-d35d4793

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。