外国の通貨を売買 アニメ版そらのおとしもの解説 第十三話 そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アニメ版そらのおとしもの解説 第十三話

そっか・・・地上の空は、広いわね・・・
byニンフ


第十三話 空の女王(オトシモノ)



解説
▽支配者
 自爆寸前のニンフは人里離れた森林を訪れ、誰にも知られずに最期を迎えようとしていたが、それを阻むかのようにシナプスからの刺客、要撃用エンジェロイドのハーピー姉妹が現れる。シナプスのマスターがニンフのことを心配して自分たちを送り込んだと聞き、ニンフは喜ぶが・・・当のシナプスのマスターはそんなことは微塵も考えていなかった。「ニンフ・・・お前は廃棄処分だ・・・」神殿に支配者の高笑いが響き渡る。

▽別れ
 一方、智樹たちはクリスマスパーティーの準備をしつつも、数日間帰ってこないニンフを心配していた。イカロスはニンフの危機、そして空からの攻撃・・・自分が恐るべき戦闘兵器に戻らなければならないことを予感したイカロスは大好きなマスターに別れを告げ、ニンフの捜索へ向かうのであった。

 ほどなくしてイカロスは隠密機能を解除したニンフを発見する。自分が地上に降りたのはイカロスの奪還任務のためだったと謝るニンフに、知っていたと優しく告げるイカロス。しかし、そこにP=ステルスシステムで隠れていたハーピーの攻撃が横槍を入れる。避けきれずに片翼が吹き飛び、倒れるイカロス。シナプスの目的はイカロスの動力源のみ。イカロスそのものの生死はどうでも良かったのだ。

▽変わりゆく空の下で
 イカロスを破壊しようとするハーピー達を攻撃するニンフだったが、返り討ちに遭ってしまう。挙句の果てに七色の翼まで引きちぎられてしまったニンフは絶望に打ちひしがれるも、そこに智樹達が現れる。イカロスとニンフのことを大切に思っていた智樹達が、理由も告げずに去っていった二人を放っておくはずは無かったのだ。

 同時に回復し、最強の戦闘兵器・空の女王(ウラヌスクイーン)としてハーピーの前に立ちはだかるイカロス。自分はマスターの大嫌いな兵器だと自ら告白するイカロスであったが、当の智樹はとうの昔に気付いていた。イカロスが兵器なのが嫌だと言ったのは、ただ心優しいイカロスにそんな辛い宿命を背負っていて欲しくなかったからなのだ。

 心を救われたイカロスは智樹の願いを受けて、全ての能力を以てハーピーと交戦、撃退する。そして智樹達も電撃トラップに苦しみつつも、シナプスのマスターとニンフを繋ぐ鎖を断つのであった。

▽日常への回帰
 やがて智樹の家に戻ってきた一同はクリスマスとイカロスとニンフの誕生日を兼ねたパーティーを開いた。二人にずっと家にいろと照れながら告げる智樹は、かつてそはらにそうしたようにはっさくの種をプレゼントするが、相変わらずデリカシーの足りない智樹にそはらは憤慨する。智樹とそはらの賑やかなやりとりにイカロスも思わず笑みをこぼす。・・・結局自発的に笑うことはできないままだけど。

 大変なことがあったけれど、誰一人欠けずに騒がしくも平和な日常が戻ってきたことに智樹たちは喜ぶのであった。


主要元エピソード
#10 感情!!
#15 玩具!!

原作との相違点
○原作ではハーピーの企みに初めから気付いていたニンフでしたが、アニメではまんまと騙されてしまいました。
○シリアスエピソードですが、会長さんも活躍します。
○ウラヌスシステムの登場。
○イカロスだけでなく、ニンフの誕生日もクリスマスになりました。

ED
冬の大桜の元で並び立つ智樹達。イカロスは大切な皆を抱きしめるように翼を広げるのであった。

※EDテーマは第一話の「そばにいられるだけで」の早見さんバージョンです。


個人的感想メモ・小ネタ
○まんまと騙されちゃうニンフ。キャラ崩壊と言うのは簡単だけど、智樹への気持ちに気付いたばかりで情緒が安定してなかったからという理由は考えられます。
・人間とラブレターを小馬鹿にしてたような娘ですから・・・。
○イカロスが走り去るトラックの陰から音もなく現れ、サンタのお面の下で悲しい表情をし、別れ際に智樹の頬を羽でなでる、とイカロスが別れを告げるシーンの演出が特に力が入っている気がします。
○原作ファンから色々言われてるウラヌスシステムですが、僕は大好きなのであんまりいぢめないであげてくだちぃ(´・ω・`)
○アニメ版ではシリアスエピソードにも出張る会長さんですが、追々考察してみようと思います。
○色々とおバカな作品ですが、それだけにこういうシリアスエピソードの破壊力が光ります。
○今でもニンフの羽根がむしられるシーンは直視できません・・・。あ、でも伝線したニンフのニーソはえろいです
○いい最終回だった・・・と思いきやもうちょっとだけ続くんぢゃ

○DC版の追加要素
・そはらとイカロスがケーキを作るシーン
・エンディングテーマが、ウラヌスシステムがヘパイストスを発射したシーンと同時に流れ始めます。
・事件収束後のクリスマスパーティーのシーンが追加。
合計して4,5分程度長くなっています。
関連記事

| 一期 | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/16-d03a1075

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。