外国の通貨を売買 そらのおとしものフォルテ解説 第一話 そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

そらのおとしものフォルテ解説 第一話

俺のベルが鳴る!!
by桜井智樹


第一話 君も脱げ!帰ってきた全裸王(ユウシャ)



解説
▽事件の始まり
 あの春のハンググライダーの飛行実験から数ヶ月。大きな事件もなく、二人のエンジェロイドを加えた騒がしくも平和な日々を送る智樹だったが、以前から見ていた空の少女の夢の内容が次第に気になり始めていた。智樹は新大陸発見部部室の掃除に勤しむ英四郎達に、そのことを相談する。

それを見かねたニンフが提案したのは、「シナプス」で流行していた、地上人の夢のなかに入り込むという「ダイブ・ゲーム」と呼ばれる遊戯。

▽ダイブ・ゲーム
 夢を見ることが出来ないエンジェロイドを置いて智樹達は智樹の夢の中に入り込もうとするが、どういうわけか脇道にそれるように英四郎、美香子、そしてそはらが昨夜見た夢に入り込んでしまう。三者三様の危険な夢に翻弄される中で、智樹は英四郎の夢の中で見つけた宝石を持ち帰って来るが、夢の中の物は現実に持ち込めないというルールにより消滅してしまう。

やがてニンフは智樹の夢に何故かプロテクトがかかっていることを突き止める。すぐにプロテクトを解除するニンフだったが、対照的にイカロスはダイブ・ゲームを続ける智樹達を不安そうに見ていた。

 不安げなイカロスを置いて、いよいよ智樹の夢に入り込む智樹達。しかし、着いた先は青空だけが周囲に広がる浮島のような場所。めぼしいものは中央に建った長大な石版と、冬眠しないはずの枯れた椎の木のみ。緑あふれる草原とは違った見慣れない風景に戸惑う智樹。椎の木の不自然さを指摘する英四郎だったが、そこは夢と言うにはあまりにもリアルな雰囲気の漂う場所だった。

▽どんぐり
 石版の不気味な文字群を見たそはらがどういうわけか吐き気を訴え、ダイブ・ゲームを打ち止める智樹達。安心するイカロス。そこで英四郎は部室掃除で残ったゴミの処理にイカロスを付き合わせる。

 中学校備え付けの焼却炉の前で、英四郎は智樹の夢の正体をイカロスに尋ねる。答えあぐねる彼女の返事を待つ代わりに、英四郎は夢の中の石版の前で拾ったどんぐりを見せ、「これが何だか分かるか?」と問う。しかし、イカロスから返って来たのは何の変哲もないどんぐりだという答え。

▽新大陸の手がかり
 持ち帰れないはずの物体にも関わらず残ったそれに、何を思い立ったか英四郎は町名物の大桜の下へ向かう。そこには、成長途中の椎の木があった。

 そこで英四郎の脳裏にフラッシュバックしたのは昨年の春にイカロスがこの大桜の下に落ちて来た時の記憶だった。英四郎はイカロスが落ちて来たのと同時に、巨大なエンタシス調の柱が何本も落ちてきていたことを思い出す。英四郎には、智樹の夢の中の長大な石版とその柱が伸びるイメージがダブって見えた。

 何故イカロスが空見町に落ちてきた時のことを今の今まで忘れてしまっていたのか。それも気になるが、空見町上空に留まる新大陸と智樹の夢とは密接な関わりがあるという考えを、確固たるものにした英四郎であった。

 その時、衝撃波をまとった何者かが上空から落下・・・いや、着地した。
背中の羽根と美しい少女のような外見を持ち合わせたそれは、おそらくは新たなエンジェロイド。彼女は智樹の名前を口走るや否や、何処かへと飛び去って行った。

新たな波乱の、幕開けであった。


主要元エピソード
#18 潜入!!

原作との相違点
○ニンフとイカロスの着替えシーンが!
・どことなく背徳的。
○やっぱりダイブ・ゲームにも着いて来る美香子さん。
・機銃を学友にぶっぱなす生徒会長・・・
○イカロスと出会った日のことを忘れていた、そして思い出した英四郎のくだり。
・アニメオリジナルの描写ですが、核心に触れるポイントです。
○智樹と英四郎を大空へかっとばすそはら。原作ではバットでしたが、アニメ版ではゴルフクラブを使います。
・水無月すう先生の「へんし~ん!」のパロディ。

ED
桜井家の平和な日常。今夜のメインディッシュは豚の生姜焼き。
・智樹と手が触れて恥じらうニンフとヤキモチをそっと焼くイカロス。
・今回出番少な目の二人の可愛いシーンです。

EDテーマ01 帰るから(Piano ver)
歌:blue drops
作詞:三浦誠司
作曲:糀谷拓土
編曲:水谷広実


個人的感想メモ・小ネタ
○今回のナイスショット達
・ほっかむりを被った制服ニンフ
・「トモちゃんホントにエッチなんだから~」あなたのほうがエッチです。もう夢の中に押し込めずに智樹に迫っちゃえばいいんじゃないかな。
○この話から徐々に英四郎の存在感が増していきます。シリアスパートの主人公です。
○EDの食事風景は総監督がイカロスがただひたすら料理する光景を流すOPアニメを提案した名残だそうな。
・スタッフ総出で全力で止められたらしいです。
・BDのオーディオコメンタリーを聞いてると、斎藤監督の考えが時々分からなくなります^^;
○誰なんだあのシリアス度100%の凛々しいエンジェロイドは・・・(棒読み)
関連記事

| フォルテ(二期) | 05:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/19-d0720f0c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。