外国の通貨を売買 そらのおとしものフォルテ解説 第二話 そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

そらのおとしものフォルテ解説 第二話

そこに、おっぱいがあればいいんじゃね・・・?
by桜井智蔵


第二話 驚愕!天使は暗殺者(キョニュウ)だった!



解説
▽デルタ
 エンジェロイド二人に欲情してしまう智樹。未確認生物に性欲を向けまいと禅寺で修行し煩悩を取り払おうとするが、イカロスたちから離れたこのタイミングでシナプスからの刺客局地戦用エンジェロイドタイプΔ「アストレア」が彼の命を狙って禅寺を襲撃。が、智樹の目前で派手に転んで醜態をさらしてしまう。

 戦闘能力と感情制御にステータスを割いたため電算能力がおざなり。姉妹機のニンフに馬鹿と称される彼女は智樹の修行に紛れ込み、暗殺のチャンスを伺うことに。一方の智樹はというと、突然現れた新たなエンジェロイドに極力関わらないように努力するが、彼女の無自覚な色気に翻弄されてしまう・・・。

智樹とエロ本
 そんな中、智樹は修行の一環としてエロ本コレクションを捨てようするが、執着心を発揮してしまう。智樹の様子を見に来たニンフとの一悶着もそこそこに「もうちょっとだけ・・・」と鑑賞に興じるが、智樹の様子を見に来たイカロスのアルテミスで全部燃やされてしまう。

 涙にくれるその背中は、どう見ても煩悩を捨てようとしている男の姿には見えない。それを見たアストレアは転送装置で自らエロ本と化し、隙を見せた智樹を暗殺しようとするが、ほぼ自爆に近い形で失敗に終わる。イカロスと共に来ていたそはらに救われたけれど。

▽悟り
 夕方。アストレアは最後の手段として毒(ただの下剤)を盛った夕飯を智樹に食べさせようとするが、肝心の毒(繰り返すがただの下剤である)を入れ忘れる。夕飯を食べ始めた智樹を慌てて止めようとするが、もみ合いの末に智樹はアストレアのお花畑に頭を突っ込んでしまうのであった。

いいんじゃね・・・?未確認生物だろうが何だろうが、そこにおっぱいがあれば・・・いいんじゃね・・・?」と言い放つじいちゃんの幻影に悟りを開いた智樹は、必殺技「智樹六道地獄」を習得して見事アストレアを撃退する。

 間違った方向に悟りを開いて家に戻ってきた智樹はどことなく気が沈んだ様子。イカロスは自分がエロ本を燃やしてしまったからではないかと気付き、転送装置で街中のエロ本を桜井家の前に召喚する。エロ本に囲まれ幸せそうな智樹を見て、イカロスもまた幸せな気持ちに包まれるのであった。

機密
 一方、智樹六道地獄を喰らったアストレアは英四郎の家がある河原で力尽きていた。英四郎に介抱されるも電算能力の無さ故か、再起動中に智樹暗殺任務の詳細をべらべらと口走ってしまう。

先日ダイブ・ゲームで降り立った智樹の夢が英四郎の求めていた、空美町上空に浮かぶ新大陸シナプスそのものだったこと。
空中庭園にそびえ立っていた石版は「ルール」と呼ばれる最重要機密だったこと。
智樹の夢とシナプスが繋がっていることを危惧したシナプス最高評議会により暗殺計画が立案されたこと。
アストレアは智樹の暗殺と、現象の原因解明のために派遣されたこと。

 目を覚ましたアストレアは口をつぐむが、時既に遅し。見知らぬ眼鏡の少年に全てを聴かれてしまっていた。



主要元エピソード
#22 排除!!
#EX えろほんはきちんとベッドのしたに。

原作との相違点
○英四郎が大桜の下の椎の木と、シナプスの椎の木が同一品種であることをイカロスに確認してもらうシーンが追加。
○智樹の修行中に「えろほんは~」のエピソードを挿入。
○エロ本復活と同時に祭りに突入。
・自分でも何言ってるかよくわかりません。

ED
意思を持ったエロ本達がイカロスの転送装置を使って派手な祝賀祭を開催する。
・きが くるっとる
・最後の方エロ本もはや関係ないです。

EDテーマ02 COSMOS
歌:blue drops
作詞作曲:ミマス


個人的感想メモ・小ネタ
○今回のベストショット
・智樹に「いやらしいこと」をされるニンフの妄想
 ・いやらしいのはあなたです
・地蟲誘惑!エロ本と化したアストレア
・タオル一丁のイカロス
○TV放送版ではサブタイトルが「驚愕!天使は馬鹿(キョニュウ)だった!」だったんですが、金髪巨乳が馬鹿だというのは欧米での差別的なスラングだったらしく、お叱りを受けて馬鹿(キョニュウ)→暗殺者(キョニュウ)へ変更され、驚愕するには若干無理のあるこのタイトルに。
○エロ本のイラストは名だたるアニメーターさんの数々が手がけています。
○この回からニンフの服装がコロコロ変わります。当時予約受付中だったニンフのドールの宣伝を兼ねた嬉しい追加要素です。
○エロ本祭りでは何か卑猥な物体が映っていますが、ああいうお祭りは実際にあるので全く問題ありません。
○まさかのほぼ原作再現、智樹六道地獄
○中学二年生の少年に翻弄される近接戦闘最強とは一体・・・
○アストレアが無意味にえろいです。初登場だけにやたらと気合が入っていたような。
○「えろほんは~」のエピソードをここに持ってくるのには正直膝を打ってしまいました。
○アストレアさん、エロ本の状態からどういう風に暗殺するつもりだったんでしょうか。
○人外と化しつつあるそはらさんの明日はどっちだ
○ニンフの部屋にある3体一組のぬいぐるみは「わたしの救世主さま」のタルタル。
関連記事

| フォルテ(二期) | 05:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/20-8d9f3417

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。