外国の通貨を売買 そらのおとしものフォルテ解説 第九話 そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

そらのおとしものフォルテ解説 第九話

おっぱいが・・・大きいんだ・・・
by桜井智樹


第九話 激闘!夢の一本釣り(ジャンボカーニバル)



解説
▽フラストレーション
 シナプスから離反したアストレアを加えた面々は再び平和な日常を送っていた。
 しかし、そんな中不満タラタラな女傑が約一名。空美中学校生徒会長、五月田根美香子その人である。

(美香子)皆このところ・・・ラブやらバトルやらお涙やら大活躍して・・・なのに会長だけな~んにも見せ場なし・・・?
この怒り何処にぶつけたらいいの?・・・会長分かってる。殺るべきは・・・ただ一人・・・


▽お約束

 というわけで今年も夏祭りの季節がやって来た。テキ屋のオッサン改め夜店のオッサンを雇った美香子は再び智樹を地獄へ叩き落とすべくヨーヨー釣り大会を開催する。

 しかし当の智樹は美香子の意図を察し、我関せずを決め込むのであった。二度あることは三度ある。今回もどうせ祭りをダシに自分をギタギタにする魂胆に違いない。

 しかし、美香子が企画したのはただのヨーヨー釣り大会ではなかった。何と男性参加者全員で祭りに集まった女の子達を泳げないように拘束してヨーヨーに見立て、一番大きなおっぱいヨーヨーを釣り上げた選手が優勝というとんでもないシロモノだったのである。

 智樹は何故かトモ子に変身し参加表明。魅惑のヨーヨー釣りにあっさりと釣られるのであった。

 英四郎と連携し次々に女の子を釣り上げるトモ子だったが、肝心の大物は美香子with夜店のオッサンチームにことごとくかっさらわれ、行き掛けの駄賃とばかりにそのたびに強烈な物理攻撃をお見舞いされてしまう。会長的には後者がメインなのは言うまでもない。

▽イカロスのトラウマ
 そんな中、釣り上げられて自由になったニンフとアストレアは女性陣の中で唯一参加しないイカロスを不思議がる。
 決死の特攻の最中、「愛ってなぁに?」と迫るカオスとの問答でひどく落ち込んだイカロスには、水中は忌まわしい記憶を思い出させる場所だったのだ。海中深くへ沈んだカオスを憐れむ三人であった。

▽俺、無事に帰ったらあの娘と―――
 トモ子と英四郎は善戦するも、気付けばめぼしい獲物はみんな美香子に取られてしまった後。このままでは優勝は叶わない。
 ふと、英四郎はとある伝説を思い出す。プールに釣りの伝説も何もあったものではないが。

 噂をすれば影。水上へと飛び跳ねる巨大なおっぱいヨーヨー。空美町の主。・・・とどのつまり見月そはらであった。


 主の出現にトモ子は智樹へと姿を戻す。
 何故かボートで漕ぎ出す智樹と英四郎。そして何故か荒れだす水面。英四郎に舵を任せ、水中へと今まさに挑もうというその時、智樹は語りだす。

(智樹)先輩、俺ね・・・帰ったらプロポーズしようと思ってるんすよ・・・
帰って、花束を持って、アイツに・・・


(イカロス)プロポーズって・・・なんだろう・・・

 そして主との戦いへ・・・しかし怒りに燃える主は間髪入れずに智樹へ無慈悲なチョップをお見舞いする。哀れ智樹は故郷のフィアンセ(?)に想いを告げられぬままプールの藻屑となった。

▽藻屑
 翌日、空美中学校生徒会室。去りゆく夜店のオッサンを送り出す美香子の少し向こうには、全裸で逆さ吊りにされた満身創痍の智樹の姿があった。

(美香子)良いの?助けなくて・・・
(そはら)良いんですっ!!

 頼みの幼なじみの優しさも到底期待できそうになかった。合掌。

▽苦悩のイカロス
 自分の胸をダシに茶番を演じた智樹への愚痴をこぼしつつ家路につくそはら。傍らには「愛」の定義について思い悩み続けるイカロス。

(イカロス)愛って、何ですか・・・?私は愛が分からないです・・・
でも・・・時々動力炉が痛くなって苦しくなることがあって・・・


(そはら)そっか・・・私もイカロスさんと同じだよ。愛なんて分かんなくって不安ばっかり。
それでも、好きな人と一緒にいたいって思うよね?

(やっぱりイカロスさん、トモちゃんのこと・・・)



 イカロスはマスターの智樹以外の人間で一番近しいそはらに相談を持ちかける。
 といってもそはらもまだまだ年頃の女の子。具体的なアドバイスは出来ず、イカロスの苦しみに共感するに終わるのだった。

▽お小遣い
 桜井家に帰宅してもイカロスの表情は晴れない。そんな中、彼女はニンフが見ている昼ドラの「プロポーズ」という言葉に反応する。ヨーヨー釣り大会の智樹の言葉が頭をよぎる。

(ニンフ)要するに、愛の告白でしょ?ずっと一緒にいようって約束すんのよ。
・・・もしかして、まだ愛が分からないって気にしてるとか?


 悩み続けるイカロスを見かねたニンフは「愛のお勉強」のために智樹秘蔵のエロDVDを一緒に鑑賞するが、ようやく美香子に解放されて帰ってきた智樹に止められる。

 やっと智樹と会話する機会が出来たので、祭りの夜のプロポーズ発言について訊くイカロス。まさかギャグ的なノリで言ってしまったとは言いづらい智樹はちょうど何かを思い出したらしく、それをダシに話をはぐらかしてしまう。そんな智樹がイカロスとニンフに差し出したのは2000円ずつのお小遣い。

(智樹)こないだそはらに言われてな。イカロスも一人で買い物できるようになったわけだし、ニンフも欲しい物くらいあるだろ?

▽使い道探し
(智樹)お前達が好きなように使っていいんだからな。分かったか?

 そう言われた二人の反応は

(ニンフ)わーい!これでお菓子がいっぱい買えるー!

 と喜ぶニンフに対し、

(ニンフ)アルファーは、何につか・・・何、してんの?
(イカロス)とりあえず、撫でてみようかと・・・

 2000円の使い道に迷うイカロスと対照的なもの。智樹に喜んで欲しいイカロスは翌日、智樹が喜ぶものを親しい人達に聞いてまわることにした。

(そはら)イカロスさん達が一緒にいるだけで嬉しいと思うよ。

 そはらに言われたとおりに智樹と一緒にいるイカロス。全力で。全力で寄り添うあまりに智樹が壁にめり込んでしまう。

(智樹)分かった分かった!ずっと一緒にいて良いからとりあえず離れてくれ・・・苦しい・・・
(イカロス)マスター、今ずっと一緒にいていいっておっしゃいましたか?
(智樹)あ~はいはい・・・

 智樹の嬉しい一言にもまだ釈然としないイカロスは五月田根家へ。

(美香子)そうね~一緒にお風呂とか、入ってあげたらいいんじゃない?まだヨーヨー釣りの傷が痛むでしょうね~・・・

 多くのSPに挨拶を受けつつ、美香子に聞いたアドバイス。実行してみたら、風呂場に入る寸前で智樹に叱られるのであった。

 未だに2000円を使いあぐねるイカロスは河原にある英四郎の家へ。すると、英四郎からは意外なアドバイスが。智樹も喜ぶはずだ、と重ねる英四郎。それを聞いたイカロスはひとっ飛びで商店街へと赴くのであった。

▽すいか
 そして夜。

(ニンフ)これ、あげる。いっぱい買って食べ切れないから・・・
(智樹)あ、ありがと・・・

 お金の許す限りお菓子を買い漁ったニンフは、自分の大好きなリンゴ飴を智樹にプレゼント。

(アストレア)うっそだーあ!いっぱいあるからって私がお菓子食べたら怒ったのにー!
(ニンフ)う、うるさい!

 喧嘩をするニンフとアストレアに呆れる智樹。そこに、イカロスが帰宅する。
 帰ってきた彼女は・・・とびきり大きなスイカを抱えていた。英四郎のアドバイス通り、自分の好きな物を買ってきてしまい、申し訳なさそうな顔をしている。

 いつぞや巨大なスイカに食べられたことを思い出して苦い顔をする智樹に、一層不安な表情を見せるイカロス。やっぱりまずかったのか、と思ったが

(智樹)まぁいっか。お前が自分の小遣いで、自分の欲しいものを買って来たんだもんな。
・・・良かったな、イカロス。


 と、頭を撫でられた。嬉しさ半分、驚き半分。

▽ささやかな勘違い
(イカロス)守形先輩の言ってた通り、マスターは喜んでくれた・・・何故?
これは、私が欲しかったものであって、マスターの欲しい物じゃないのに。


 桜井家の屋根で佇むイカロス。智樹が自分にしてくれるようにスイカを撫でながら、彼女は思索にふけっていた。
そんな中、ふと智樹を壁にめり込ませてしまった時のことを思い出す。

――――ずっと一緒にいて良いと言ってくれたマスター。

 あれはひょっとしてプロポーズだったのでは?と胸をときめかせるイカロスであった。

▽不穏な勘違い

 海底遥か深く。異空間へと消え行くウラヌスシステムの残骸のそばには、大ダメージを受け今なお機能を保ったカオスの姿があった。
 しかし最新鋭の能力を持つ彼女でも、超水圧には敵わず動くことができない。

(カオス)
愛をおしえてほしかったのに。痛いなぁ・・・痛い痛い・・・痛い?


 痛い、といえば。カオスは自分と交戦していたイカロスが「動力炉が痛い!これが愛なの!?」と言っていたことを思い出す。

(カオス)おさかなさんたち知ってる?これが愛なんだって!!
たくさん食べておおきくならなくっちゃ!そして今度はわたしが愛を教えてあげるの!皆に!皆に!!


 イカロスの言葉を曲解したカオスは辺りの深海魚を惨殺、捕食し始める。
 智樹達に再び危機が訪れる日はそう遠くなかった。




主要元エピソード
#
#EX はじめてのおこづかい みかくにんせいぶつへん

原作との相違点
○ヨーヨー釣り大会参加にあたって智樹がトモ子に変身
・女の子同士だから恥ずかしくないよねー☆
・とどのつまり大人の事情です。
○お小遣いパートにニンフとアストレア参加。
・原作ではイカロスしかいなかった時にエピソードでした。
○とりあえず湯船に沈んでた原作と違い、イカロスが本当に智樹と混浴しようとします。
・原作ではプロテクト解除がまだでした。
智樹のプロポーズを真に受けるイカロス。
・イカロスさん、真面目すぎます。

ED
珍しく普通に祭りを楽しむ智樹達。
・ドヤ顔で花火を見上げるアストレアは花火の趣が分かっているのかいないのか・・・。

EDテーマ09 夏のお嬢さん
歌:ニンフ(野水伊織)
作詞:笠間ジュン
作曲:佐々木勉

個人的感想メモ・小ネタ
○今回のベストショット
・ニンフ全般
 ・「絶っ対にいやらしいことなんかさせないんだからねっ!!」とか言いつつもの凄くやってほしそうなのがw
・後半のイカロス。
 ・特に申し訳なさそうな表情でスイカを抱えるところ。
 ・その他、混浴しようと裸になったまではいいけど扉の前でもじもじするイカロスがステキです。
○会長さん・・・あんた7、8話のエピソード、原作では出番無かったんだぜ・・・
○思い出したかのようにそはらの生徒会役員設定が復活。
・なんと斎藤監督も1期のオーディオコメンタリー録音中に思い出した模様。
○一心不乱にヨーヨーをばいんばいんさせるイカロスがじわじわ来ます。
○会長さんは一体ロケスタッフを何処から雇ったのか・・・。
○ニンフの胸をからかって逃げるアストレア。今度は飛ばずに逃げるところに彼女の優しさを感じます。
○ニンフが好きな昼ドラ「牧場のソナタ」は脚本が実際に作られているとか。
○智樹秘蔵のDVDの内容が気になる・・・
○千円札の肖像画は「JUDAS」のトマス。
・2000円で大喜びするニンフが純粋過ぎる!この子ら可愛すぎるよやっぱり・・・
○それにしても、お小遣いのくだりのニンフがやたらと可愛いのはどういうことだろうか。いや、良いんだけれど。
関連記事

| フォルテ(二期) | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/27-ec7b69c9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。