外国の通貨を売買 守形劇場まとめ① そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

守形劇場まとめ①

第一期




第一話 全裸王 世界に起つ!

(英四郎)御機嫌よう、諸君。俺の名は守形英四郎。こちらは助手の「プリティ」君。

 新大陸発見部部室にて英四郎、ドールを片手に自己紹介。というかドールじゃなくて助手らしい。

(英四郎)コレを見てくれ。

 英四郎、プリティの足の裏でパソコンのエンターキーを押す。すると画面上でCGのモデルが動き出す。

(英四郎)地球上を謎の穴のような物が移動している。正体を突き止めようとあらゆる学者が研究を重ね、観測機器まで投入されたが何の結論も見つけられなかった。・・・だが、それらは所詮現実の理論にすぎない。

御存知の通りアメリカ大陸を発見したコロンブスは発想の転換で卵を立ててみせた。・・・非現実とは現実に目で見るまでは誰にも信じられぬもの。


 英四郎、プリティのスカートの中を覗きながら

(英四郎)いわば女性のスカートの中と同じ未知なる世界。
だが俺には見える。全てを繋ぐキーワードこそ「新大陸」!

・・・さて、次なる問題は新大陸の実態。例えて言うならば、パンツの中に(ry


コメント:開始早々トンデモぶりを魅せつけてくれます。だいぶキバ○シっぽいです。それにしてもパンツの中に、何でしょうか。プリティ君は原作第一話で英四郎が持ってたフィギュアが元ネタ。彼女に始まる守形劇場助手の系譜は劇場版にまで受け継がれます。



第二話 天翔ける虹色下着

(英四郎)御機嫌よう、諸君。俺の名は守形英四郎。こちらは助手の「プリティ」君。

 新大陸発見部部室にて英四郎、プリティを片手に自己紹介。プリティの足の裏でパソコンのエンターキーを押す。すると画面上でCGのモデルが動き出す。

(英四郎)地球は北極と南極を軸とした磁力、つまり地磁気をまとっている。
しかし、この黒い穴の存在が地球の磁場をわずかに狂わせているとしたら・・・


英四郎、何処からか鳩を持ち出し揺すりながら語り続ける。

(英四郎)例えば渡り鳥は地磁気を頼りにして飛ぶ方向を決めている。磁気の異常で鳥は行く先を見失い空から落ちてくる。ならば逆に飛べないものが空を飛ぶこともありえなくはないはず・・・

英四郎、鳩の背中にプリティを登場させつつ尚も語り続ける。やがてカーテンと窓を開け放ちながら

(英四郎)物事には全て原因がある。つまり、空を飛ぶものには飛ぶ理由がある。大事なのは最初の一羽!

鳩、プリティを乗せたまま空へと飛び立つ。そのまま飛行するも、プリティが林に落ち鳩は何処かへと飛び去ってしまう。

いかん、失敗か・・・


コメント:天翔けるパンツの大群を示唆した内容。登場二話目にしてプリティ君がご臨終に・・・





第三話 エンジェロイド初体験


(英四郎)おはよう、諸君。俺の名は守形英四郎。

 河原にて英四郎、いつものように自己紹介。

(英四郎)こちらは助手の・・・二代目プリティ君。

 釣り上げたヤマメを水槽に移し、満足気な英四郎。どうやらこのヤマメが新たな助手らしい。

(英四郎)今から515年前の1494年。ポルトガルとエスパニアはトルデシリャス条約を結び、1529年にはサラゴサ条約を結んだ。世界は列強によってスイカ模様のような縦割に分割された。これをデマルカシオンと呼ぶ。

ちょっと古目の世界地図でデマルカシオンの図式が簡単に説明される。

(英四郎)スイカはデマルカシオンに通じる新たなる世界分割・・・すなわち、新世界の象徴であるといえよう。古い概念の中にこそ、新たなる世界へのヒントが隠されているはずだ。

 言い終わるやいなや、スイカに棒を一閃し真っ二つにする。

(英四郎)スイカを侮るなかれ・・・

 そして、初代プリティの墓に手を合わせる英四郎であった。


コメント:釣り上げたばかりの川魚が助手だなんて、いよいよもって彼の思考が読めません。ちなみにデマルカシオンはたった二国の取り決めで地球を分けたという、現代から考えるとだいぶ傍迷惑な状態です。日本も危うく分割されそうだったそうな・・・。




第四話 愛と三角地帯ふたたび

(英四郎)御機嫌よう諸君。俺の名は守形英四郎。こちらは助手の二代目プリティ君。

 河原にていつものように自己紹介。赤い首輪を身につけたプリティが水槽で泳ぎ回っている。

(英四郎)1280年からの数十年、世界中で貿易事業が大きな盛り上がりを見せた。それを可能にしたのが磁気コンパスだ。しかし、羅針盤が使われるずっと以前・・・人々は渡り鳥や魚の後を追って航海の針路を定めていた。

鳥や魚の動きから大陸を発見することもあったらしい。動物の持つ磁気コンパスには計り知れない可能性がある。

英四郎、プリティを水槽から取り出して川べりへ歩く。

行けプリティ、お前のコンパスで新大陸を示せ!


プリティを川に放つが、あっさり首輪が外れてしまう。行方を追うことは不可能となった。

さっさと焼いて喰うべきだったか・・・


コメント:助手にしちゃう人はふつういません。




第五話 任侠と初夜

(英四郎)御機嫌よう諸君。俺の名は守形英四郎。現在助手募集中だ。

かつての助手達の写真にカメラが回り、その前を英四郎が通りすがる。

(英四郎)大航海時代、世界一周の南ルートを開拓したのはフェルディナンド・マゼランである。彼の最大の偉業は同僚の航海日誌によって地球が丸いことを完全に証明したことだ。

地球儀を回す英四郎。カメラは壁に貼ってある地図へと回る。

(英四郎)当時の地図制作者達は大混乱に陥っただろう。なにしろ、世界という概念が覆されたのだ。今の時代も同じことが起こり得る・・・新大陸さえ見つかれば。

今度は机に貼られた地図にカメラが回る。地図の上には小さな人形がいくつか並んでいる。

(英四郎)ところで、航海日誌ではパタゴニア付近で発見された巨人の足跡について言及されている。そいつが今も何処かの島で生き延びている可能性はゼロではない。

お前・・・助手になるか?

英四郎が手にとったのは不気味な怪物のフィギュア。


コメント:7つの海を股にかけるうちに不気味なクリーチャーと化すイカロスを示唆。ところで巨人伝説は世界中至る所に存在します。巨人症か何かでしょうか。

第六話 水着軍団GO!GO!GO!

海水浴に行くためお休みします 新大陸発見部

 と部室の扉に張り紙がしてあるだけ。

コメント:第一期では毎回恒例だったための演出でしょう。たぶん。
関連記事

| 守形劇場まとめ | 18:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/33-5a75de79

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。