外国の通貨を売買 キャラ紹介 アストレア そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

キャラ紹介 アストレア

※筆者見解が多分に含まれています。



局地戦用エンジェロイドタイプΔ アストレア

建造時期不明。少なくともニンフ以後。
血液型:不明
身長:159cm
体重:48kg
翼:超加速型

B:91(FかG) W:56 H:86


人物

 シナプス最高評議会の命で智樹暗殺に派遣されたエンジェロイド。第一世代エンジェロイドの末妹で、イカロスやニンフを「先輩」と呼び慕う。アニメ版の声優は福原香織さん。

 クールビューティな女剣士といった装いで鳴り物入りの登場を果たしたが、電子制御機能の低さ(有り体に言えば馬鹿)故に暗殺失敗の憂き目に遭い、ホームレス生活を余儀なくされてしまう。学校のうさぎ小屋のエサを失敬したり、英四郎の釣り餌に釣られたり。

 それ以降も智樹暗殺に躍起になるが、「それ(暗殺)はお前が自分で決めたことなのかよ?」という彼の言葉や、食うに困る自分を快く家に迎えてくれる優しさにアストレアの心は揺れ動く。

 そして第二世代エンジェロイド・カオスの襲撃によるイカロスやニンフのピンチに際して、空のマスターに従うよりも「皆を守りたい」という思いを優先させ、インプリンティングを一方的に破棄し、野良エンジェロイドとしての道を歩み始めるのであった。「マスターの命令は絶対」というエンジェロイドの存在意義に自力で抗ってみせた唯一の例である。

 明るく素直な性格で基本的には人懐っこく、智樹やカオスのような例外を除いて他者には敬語で応対する。食べ物をあげるとすぐ手懐けることが出来る。勝負事を好むが、そもそもゲームのルールを理解出来ない。

 好意を抱いている智樹とは良き喧嘩友達だが、智樹を傷つけたイカロス=メランへの激昂振りからするに、何だかんだで尊敬している様子。


能力
 電算能力に欠け、最高飛行速度はイカロスに劣るが、超加速型の翼により第一世代エンジェロイド最高の加速性能を持ち、強力無比な白兵戦能力と併せたヒットアンドアウェイを得意とする。最大出力モードのクリュサオルを除いて対遠距離武装を持ち合わせておらず、距離を取られると為す術がない。

超振動光子剣(Chrysaor)
 クリュサオル。携行型のロングソードで、アストレアのメインウエポン。イカロスのAegisをも軽々と切り裂く。最大出力モードで長大なエネルギーブレードを発生させる。ニンフのハッキングフィールドで大型化する。

最強の盾(Aegis=L)
 イージス=エル。携行型の盾からエネルギーフィールドを発生させ、あらゆる物をシャットアウトする。出力の高さ故に長時間の展開はできない。クリュサオル同様ニンフのハッキングフィールドでパワーアップする。

自己進化機能(Pandora)

 パンドラ。ダイダロス謹製のエンジェロイドの例に違わず、アストレアにも搭載されているが現在覚醒は果たしていない。



キーワード
馬鹿
 アストレアの代名詞。智樹とは「バーカバーカ!」と言い合う仲であるが、「バカっていう方がバカ」という格言を体現していると言えよう。そんな彼女だが、こっそり自室でパンツを嗅ぐ智樹に対し「不潔・・・」と言い放つなど乙女らしい恥じらいは持ち合わせている様子。

ししょー
 と、彼女は美香子をそう呼び慕っている。たまにポーカーをして遊ぶらしい。

自分で決めたことだわ!
 自力で空のマスターの支配下を脱し、カオスに言い放った言葉。以後、これがアストレアの行動原理になる。恐らく人間に最も近しいエンジェロイドと言える。

山盛りおむすびっ!

 あまりにも極貧生活が続いたあまりに食いしん坊キャラが定着する。アストレアが桜井家のエンゲル係数の大半を占めていることは言うまでもないことである。

ドヤ顔
 元気印のアストレアのトレードマーク。何だかよく分からないがとにかく根拠のない自信に満ちているぞ!

どれみのうた
 少年エース2010年12月号掲載版の44話「文化!!②」にてアストレアが歌った幻の一曲。童謡「ドレミの歌」の替え歌になっており、最後にお腹を空かせて倒れるのは単行本収録分と共通。
 コミックス11巻では、著作権のちょっとしたいざこざで後述の「ごはんのうた」に差し替えられた。ファンタってなんですか~?ソーメン食べたいな~ラーメン食べたいな~♪・・・といった具合に彼女の食い意地が前面に押し出された歌詞に相成っている。

ごはんのうた
 二回目の文化祭に際し、唄えなくなったイカロスのピンチヒッターとしてアストレアが歌った歌。お腹を空かせたアストレアが妙なキノコを口にして行き倒れる過程を歌ったツッコミどころ満載の一曲だが、小さな子供たちには大人気だった。

| アストレア | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/68-f3849428

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。