外国の通貨を売買 キャラ紹介 空のマスター そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

キャラ紹介 空のマスター

※筆者見解が多分に含まれています。


空のマスター
本名を含めパーソナルデータ不明。
少なくとも、7500万年前から存命している。劇中、「シナプスの男」「シナプスのマスター」とも呼ばれる。
片手でワイングラスを握り潰せる程度には握力がある。



人物
 多くのエンジェロイドを従える天空の支配者。ブロンドの長髪に筋肉質な体格、そして背中の大きな翼が特徴。アニメ版の声優は三木眞一郎さん。

 地上人を地蟲(ダウナー)と呼び見下しており、超古代においてイカロス達エンジェロイドを地上に派遣して地上人を虐殺したり、電子戦用であり戦闘力の低いニンフに残酷な仕打ちをして退屈を紛らわせるなど、残虐非道な人物。

 イカロスの動力炉であり、シナプス最高の動力機関である「可変ウイングの核」を取り戻そうと幾度もエンジェロイドを派遣しているが、従えていたはずのエンジェロイドがそのたびに地上人に寝返ったり、同じく派遣した水中戦用のエンジェロイドをカオスに捕食されて怯えたりと迂闊な面が目立つ。

 しかし、カオスをはじめとした第二世代エンジェロイドや強大な防空迎撃システム「ZEUS」を建造したりと、優秀な科学者としての一面をも併せ持つ油断ならない人物でもある。これはひとえに科学者ダイダロスへの対抗心のなせる技。この一念が実り、廉価版の「可変ウイングの核」を開発。イカロス=メランをはじめとした、イカロス達のアッパーバージョン達をも完成させる。

 ただ、ダイダロス謹製のエンジェロイドの中でも最も侮っていたはずのニンフの進化と奮闘により、そのイカロス=メラン達でさえも窮地に追い込まれてしまうのだが・・・

 登場シーンではよく赤ワインの入ったグラスを携えている。どうやら好んで常飲しているようだ。


キーワード
シナプス人
 空のマスターにとって地上人のみならず、ドームの中で地上人と暮らす夢を見る他の同胞たちも侮蔑の対象。智樹たちとの生活を送れなくなり悲しみにくれる日和をあざ笑うばかりか、エンジェロイドに改造してしまったことも。

エンジェロイド
 空のマスターは気に入らなければ廃棄処分してしまう。完全に道具扱いである。エンジェロイドはシナプス内においてたいへん地位の低い存在だったと思われる。

ニンフ
 そんな空のマスターがご執心のエンジェロイドで、彼女がシナプスにいた当時は惨憺たるドメスティックバイオレンスを繰り広げていた。ニンフが地上に寝返った現在、事あるごとに再契約を結ばせようとしているが、そのたびに突っぱねられている。好きな女の子には優しくしてあげましょう。

愛玩用エンジェロイド
 彼の登場シーンで、周りに多く侍らせている光景が確認できる。見目麗しい妖艶なエンジェロイドばかりである。

桜井智樹
 エンジェロイド達のハートを呼び覚ます、空のマスターにとっては一番邪魔な存在。どうやら空のマスターは智樹の正体を知っているらしいが・・・。

ダイダロス
 空のマスターが目の敵にしている科学者。地上にカオスを差し向ける際、わざわざ居場所を突き止めて宣戦布告をしている。

ガタッ!
 自分の作戦立案によほど自信があるのか、地上人達やエンジェロイド達に目論見を覆されてしまうと思わず席を立ってしまう。効果音付きで。

| 空のマスター | 15:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/69-bdb15b82

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。