外国の通貨を売買 考察:シナプスの人たちについて ~その五 時のない場所~ そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

考察:シナプスの人たちについて ~その五 時のない場所~

突発コラムシリーズ第六弾。
考察:シナプスの人たちについて ~その四 一夢一会~の続きです。

何日も更新が停滞していたのは今回の考察に頭をひねり続けていたからです(;´Д`)
今回は自分でもあまりにも無理がある考察だと思うので、ぜひご意見をお聞かせ下さい・・・;

※筆者の独断と見解に基づいた考察です。鵜呑みにしないように。


 前回、シナプスの人達が何故同じ夢を見ることを拒んだのか?ということを考えたわけですが、閑話休題。今回はシナプスの人達と地上との交流が、何らかの原因で閉ざされてしまっているのではないかという立場に立ってその原因は何かについて考えてみたいと思います。

物理的な要因について
 ダイダロスが何故イカロスを地上の智樹に託したのかといえば、「空に捕まった」自分を救って欲しかったからです。前回散々シナプスを覆うあのフィールドと、それをイカロスが破ったという話をしましたが、物理的な要因があるとするならそのフィールドと空のマスター操る迎撃システム「ZEUS」の2つでしょう。

 しかしあのバリアを破ってZEUSを破壊するだけで外に出られるなら最強のエンジェロイドであるイカロスに命じて外から壊してもらえば良いだけ。ダイダロスはそのあとで智樹に会いに行けばいいだけの話なのです。

 バリアについてあんなに長々と語っておいて何ですが、たぶんこれは違います(;´Д`)

その他の要因について

 物理的な原因が違うとすれば、一体何が原因なのか。それを解く鍵は智樹たちが降り立った、文字が書いてある石版(ルール)・・・アストレア曰くシナプスの最重要機密に位置するこの物体と、石版の周りに伸びていた、常緑樹にもかかわらず冬眠している椎の木(仮に「冬眠椎の木」と呼びます)が握っているものと思われます。

冬眠椎の木

 まず椎の木について。原作においては英四郎の拾ってきたどんぐりがダイブゲームから戻ってきても消滅しない=智樹の夢は現実のシナプスと繋がっているという説明で終わったんですが、「フォルテ」では更に突っ込んで、空美町の大桜の近くにある椎の木とシナプスから拾ってきたどんぐりが同一品種だということを示すことで、シナプスと空美町にも何らかの繋がりがあることを視聴者に知らせています。

 アニメ版においてもその繋がりは智樹の夢とシナプスが繋がっているということで明確になるわけですが(何故十一年前に智樹の夢とシナプスが繋がっているのかという謎が残っていますが)、冬眠椎の木が何故冬眠しているのか、ということは原作でも今尚明らかになっていない謎です。ただ、智樹暗殺任務を帯びていたアストレアの話を聞く限り、あの椎の木に干渉したところで何かが起こるというわけではなさそうです(イカロスも英四郎も、ただのどんぐりだと分析しています)。となると、椎の木ではなく、シナプスそのものに何か椎の木が冬眠してしまうような仕掛けが施されている、と考えたほうが良さそうです。

 現に空美町の大桜の丘・・・あの場所で育っている椎の木は、のびのびと育ち、ぽつぽつと葉を茂らせ始めています。この椎の木は「フォルテ」第一話での描写を見るかぎり、ダイダロスに封印を解かれたイカロスとほぼ同時に地上に落下したシナプス産のどんぐりがあの大桜の丘で育ち始めたもののようです。これも、地上とシナプスがどこか重大な違いを持っていることの証だと思います。

 とはいえ、居住区においては畑の野菜などがきちんと育っており、牧草地では牛が放牧されている様子。英四郎が初めてシナプスの調査をした時、付いてきたそはらが「暖かいですね、ここ」と言っている(フォルテ5話)ので、石版の周りとはまた何かしらの違いがあると考えるのは・・・少し苦しいでしょうか?(;´Д`)

石版(ルール)への干渉
 それでは、一体シナプスと地上とでは何が違うのでしょうか?最初に僕の考えをズバリ言ってしまうと、シナプス内部と地上とでは生命体の寿命が著しく違うのではないか、ということです。冬眠した植物はえらく長生きらしいです。あの椎の木はこの違いの影響を受けていると考えられます

 これが正しいとするなら、数千万年以上に渡るシナプス人の長命はたぶんこのせいです。シナプスの中と外をエンジェロイドや他の物質が行き来できるのに、生命体であるシナプス人が行き来できないのはこの仕組みを維持するフィールド的なものに阻まれているから、です。劇場版の日和が地上に戻るのにも大掛かりな装置が必要でした。

 ともすれば、何がそのフィールド的なものを作り上げているのでしょうか・・・そこで登場するのがあの石版(ルール)です。この石版に、地上人によって何らかの干渉が加えられることを危惧したシナプス最高評議会が智樹暗殺を企てたわけですが、もしも石版に特定の干渉が加えられたらシナプスのこのフィールドが崩壊してしまうのではないでしょうか?

 ダイダロスがイカロスを智樹に託したのはこの仕組みを破壊して、シナプスの外に出られるようにした上で助けだして欲しい!ということなのではないでしょうか・・・?

残った疑問
 とは言え、ここまで長々とダイダロスが智樹に助けを求めた理由を僕なりに分析してきたわけですが、何故智樹の夢とシナプスが繋がっているのか、そして何故エンジェロイド達はシナプスの秘密を話したがらないのか、という疑問は解消されません。

 特に・・・語った自分が言うのも何ですがエンジェロイド達がシナプスの秘密を黙秘するにはあまりにも平和すぎる真相だと思うのです。これからも連載されるそらおとに否定されてしまうことでしょう。

 最後に、真相がどんなものであれどうか「そらおと」が幸せな結末を迎えることを祈っておきます。
関連記事

| 世界観 | 18:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/89-2136e54d

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。