外国の通貨を売買 クライマックスの立役者ニンフ そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

クライマックスの立役者ニンフ

戦闘においては第一世代エンジェロイド3人娘の要になるニンフについて。


最弱のエンジェロイド
電子戦用エンジェロイドタイプβニンフ。その名の通り直接戦闘には向きません。

ただ、忘れられがちなことですが、無抵抗状態のイカロスを何メートルも蹴り飛ばしたり、大きなマグロを軽々とリフトアップしたりするぐらいには力持ち。人間では敵わないぐらい強いことには変わりないと思われます。戦車の砲撃を受けても五体はくっついたままです。

そんなニンフに弱いというイメージがすっかり定着してしまったのは、電子戦用で一番力が弱く、空のマスターに虐げられていた過去の存在以上にハーピーに翼を引き千切られてしまってから長らく翼のない状態が続いてしまっていたからでしょう。でも、だからこそニンフは「そらおと」のストーリーを盛り上げる存在になり得ています。

ニンフの軌跡
当初は空のマスターの影響で地上に住む人間を見下していたニンフが、空を飛べなくなった代わりに大事な物を手に入れる。暖かいエピソードですが、原作で言えばここから20話近くの間彼女は取り戻した笑顔の裏で翼の無い、マスターのいない状態が続き劣等感を育てています。

その劣等感もエンジェロイドの自由を願う智樹の言葉で払拭され翼も戻ります。それからのニンフは日和救出戦、イカロスメラン戦と事あるごとに空のマスターの言葉に絶望しつつも戦いの中でアフロディーテ、ver2への進化といった新しい力を得ています。

アニメ版ではアフロディーテもver2への進化も(現在のところ)ありませんが、イカロスやアストレアを指揮して戦うニンフの姿は弱々しかった頃の彼女を思えば何とも頼もしいことではありませんか。

ニンフのこれから
残る彼女の悩みは(オレガノを除けば)意中の智樹の心をどう射止めるか、ですが最強のライバルであるイカロスが常に彼のそばに控えています。

管理人は、恐らくニンフに次の成長があるとすれば智樹を巡るこの相関図にあると思います。その時は終盤のキーポイントとは行かずとも新たなクライマックスの一つになることでしょう。
関連記事

| ニンフ | 18:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://orenobell.blog.fc2.com/tb.php/99-2a7f5bea

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。