外国の通貨を売買 カテゴリー :アニメ版解説・感想 そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

そらのおとしものf 総評

1期、劇場版、原作視聴済みでの感想です。

 まずは兎にも角にもアストレア。ギャグ、シリアス共に特にアストレアの存在感は見事でした。「f」を見てから1期を見ると、楽しいことは楽しいけど、いるはずもないのに「いつもドヤ顔のあの娘はどこだ?」と物足りなさを感じるぐらいです。声優の福原さんもはまり役でした(失礼?)。「f」のMVPを挙げるんなら間違いなくこの娘でしょう。

 それにつけても放送当初からこうなる予感はしていたけれど、五月田根美香子プロデュースのイベントが多すぎる気が。一期でめぼしいエピソードを使いまくってしまったからか、それを知らない人はちょっと胸焼けしちゃうんじゃないかなァと心配になってしまうぐらいです。原作付きアニメの弊害って奴でしょうか。あとそはらさんが軒並みチョップ要員と化してます。これは原作からしてそのままなんですけどね。

 7話以降は黙示録編と称してカオスの襲撃に始まる事件の顛末が描かれました。8話で一気に爆発したラブやらお涙やら(会長さん談)はモチロンの事、1期で使い損ねたエピソードを交えたクライマックスに至る道程は丁寧だったけれど、その分11話にしわ寄せが。全体的なプロット自体は理解できるだけに、智樹の記憶を失いつつあるイカロスの苦しみやら智樹とカオスの触れ合いやらをせめてもう1話ぐらいかけて書けていればと、思わずにはいられません。

 一期に比べると随分と荒削りなようでいて、大事な所は一期と変わらないなという印象です。「お祭り形アニメ」という触れ込みだけあって一期のストーリー構成を踏襲しつつ、ギャグからシリアスまで色んな所に力を出し尽くしたなぁといった感じです。振れ幅が一期以上に大きいんです。5話の前半と後半の温度差や、智樹の異常なSD率の多さ(デフォルメキャラ担当の作画監督さんの仕事が二倍に増えたとか)がそれを物語っていると思います。

 構成の綺麗さで言えばやっぱり1期に軍配があがるなぁと思います。ただ単に尺が2話分多い上に、シリーズ物の宿命みたいなものですからね。1期に比べて2期が杜撰になりがちっていうのは。ただ、個人的には1期から見ている人には是非見てほしいな、と思える作品でした。キャラの成長やら細かい描写やら、1期から見てると色々と感慨に浸れること請け合いです。

これから視聴を始める方々の参考になれば、と思います。

| フォルテ(二期) | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そらのおとしものフォルテ解説 第十二話(最終話)

ありがとう。私の娘たちを本当に愛してくれて・・・
by ダイダロス


第十二話 明日に羽飛く彼女達(フォルテ)

>> Read More

| フォルテ(二期) | 16:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そらのおとしものフォルテ解説 第十一話

この暖かさは・・・何・・・?
byカオス



第十一話 幻想哀歌(ムサベツ)の果て

>> Read More

| フォルテ(二期) | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そらのおとしものフォルテ解説 第十話

やっぱり私、動力炉がおかしいみたい・・・
byイカロス



第十話 夢の節穴世界(ファンタジーワールド)を覗け!

>> Read More

| フォルテ(二期) | 08:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

そらのおとしものフォルテ解説 第九話

おっぱいが・・・大きいんだ・・・
by桜井智樹


第九話 激闘!夢の一本釣り(ジャンボカーニバル)

>> Read More

| フォルテ(二期) | 06:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。