外国の通貨を売買 カテゴリー :そらおと考察 そらのおとしもの徹底解析!

そらのおとしもの徹底解析!

水無月すう先生原作の漫画作品「そらのおとしもの」の非公式ファンサイト。アニメ版の感想、考察も。

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>


>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

考察:シナプスの人たちについて ~その三 囚われのシナプス人~

 突発コラム第三弾。今回はダイダロスを中心に、シナプス人の境遇について考えてみようかと思います。

※筆者(管理人)の独断と偏見に満ちた考察です。鵜呑みにしないように。

>> Read More

| 世界観 | 12:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

考察:シナプスの人たちについて~その二 ガタッさんの哀愁~

 シナプスの人たちについて~その一 シナプス人脅威の科学力~の続き。

※あくまで一そらおとファンの見解です。駄文とも言う。

>> Read More

| 世界観 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

考察:シナプスの人たちについて~その一 シナプス人脅威の科学力~

 突発コラム第二弾。今回はシナプス人たちについて考えてみようと思います。

※あくまで一そらおとファンの見解です。駄文とも言う。

>> Read More

| 世界観 | 19:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

コラム:シナプスフォントについて

▽シナプスフォントとは
 アニメ版では智樹の夢に出てきた石版(「ルール」という名前のようです)をはじめ、転送装置や量子変換器などのシナプス関連のこもごもにはアルファベットを元にしたシナプス文字が使われています。

 それぞれのシーンで出てきたシナプス文字を解読してみると、例えば一期9話でアルテミスをニンフに向けた時のイカロスの視界には「Lock on」、フォルテ8話のウラヌスシステムの緊急装置が作動した時のコンソールには「Emergency」といったように基本的には英語と同様の言語体系を持っていることが分かります。

 一期のファンブックにはアルファベットとシナプス文字の対応表が載っているので、ある程度英語が出来る人ならシナプスフォントが使われている各シーンと照らしあわせてじっくりと解読してみるのも面白いかも知れません。

▽石版「ルール」
 そんなわけで今回は作中最大の謎の一つである「ルール」を解読・・・しようと思っていたんですが、どうにか文字の形が分かる部分でも、意味のある言葉の羅列が見当たらないのです。

 そはらの言うとおり、かつてシナプスの誰かが怒っているような、悲しんでいるような、そんな感情のまま書き殴った言葉にならない訴えなのかも知れません・・・。けど、智樹に暗殺者を差し向けるような重要なシロモノって話なんですよねアレって。

 ひょっとすると何かの暗号なんでしょうか。下世話な話をすると、物語中盤にして作中の重大な謎が簡単に解き明かされてしまうと、そらおとの謎を洗いざらい知っているという製作者の人たちも困るでしょうし。

 ここでつまづくことなく謎を追う価値はあるかも知れません。これからも何かが分かり次第報告していこうと思います。


参考文献
角川書店 そらのおとしものオフィシャルファンブック

| 世界観 | 09:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

考察:アニメ版五月田根美香子~会長さんはいい人です(棒読み)~

 突発コラム第一弾。今回のテーマは高垣ヴォイスによる高笑いがとてもお似合いな腹黒生徒会長五月田根美香子さんについてです。

 元々「そらおと」の美香子といえば
「ハエ叩きで人間を叩き潰した時に大笑いしちゃう」ような凶悪な性格の持ち主
公園で空き缶をポイ捨てしている人がいます。どうしますか?→皆殺し。
智樹をボコボコにするだけのために大仰なイベントを催す
ミリタリーアクションでゲリラ部隊を殲滅する夢をしばしば見る

 といったとにかく腹黒という言葉では片付けられない凶悪なキャラで、キャラクターソングでも「地球さえも玩具」と言い放ったあと可愛い口調で「ワガママを許して」とのたまうぐらいステキな倫理観を持ってる人です。世にも珍しい道徳の補習が課せられてしまうのも納得です。それだけに、シリアスパートにおいても登場するキャラはエンジェロイド達を除けば智樹、そはら、守形部長の三人だけで当の美香子は蚊帳の外。そのあおりをモロに食らって4話続けて出番が無いこともありました。これは元々本筋に関わらないチョイ役だったこともあるかも知れませんが。

 でも、そんな彼女もアニメ版では、羽根の有無を気にして温泉に入るのをためらうイカロスやニンフを気遣ったり、「居場所がない」と悩めるアストレアをそれとなく導いたりと優しい一面をちらほら覗かせてくれます。そればかりかニンフ救出やカオスとの決戦といったシリアスパートのクライマックスシーンにまで参加してくれます。前者のシーンでは「どうせロクでもない奴がマスターなんでしょう?」という優しい言葉も。お前が言うなとツッコミを入れた視聴者は少なくないはず。

 単なるキャラ崩壊で片付けるのも一つの道かも知れませんが、これらの優しさはれっきとした美香子の人となりなのではないかと思いたいところです。

 彼女の五月田根家は昔から代々空美町一帯を仕切ってきた一族の末裔で、無人島やら自家用ジェット機やらをも持つ任侠道(セレブ)。「強さ(物理的な意味で)が全て」の五月田根家内どころか、学園パートでは雪合戦で多くの女子を統率して従えてたりして、結構人望あるんじゃないかな?という描写もあったりします(アニメ版ではそれが結構わかりやすく描写されてます)。

 あと、賢い子選手権のアップダウンクイズでは自分の席にもトラップつけたりしてて自ら身体を張ってたり。外道だけど非道ではないんですね。家の大きさに見合った器がある娘なのではないでしょうか?いくら地球レベルの外道でも、ニンフの危機(同時に実家のテリトリーである空美町の危機)を知った時、原作以上に多く友人としての楽しい時間を共有したアニメ版の美香子が自ら出向くことはファンサービス以上に意味のあることだと思います。底抜けに思いやりのある智樹達とはまた違った立ち位置。カッコイイじゃありませんか。←半分妄想かも知れません^^;

 あと、幼なじみの英四郎に対して呼び方を人前とふたりきりの時で使い分けたりするような恋する乙女な一面もあります。智樹に主従関係を解消されてしまい落ち込むイカロスをフォローアシストするという優しい面を見せながらも、「好きな人には縛られたい娘もいる」と英四郎にそれとなく当てつけちゃうように言うシーンはその極地。何だかんだで多感な頃の女の子ってことですね。流石に外道一辺倒では無いと思います。それにしても一緒に英四郎と露天風呂に入ってた時、彼をからかいながら何を考えてたのかと思うと俺のベルg(ry

 破綻気味なモラルを持つ彼女ですが、器や気立ての良さを兼ね備えた、腹黒女王様という枠にとらわれない魅力あるキャラ。それが五月田根美香子だと思います。

| キャラクター | 21:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。